最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

滑らかプリンとフィナンシェ




滑らかプリンとフィナンシェ

植物性の『アガー』を使って
滑らかタイプのプリンを作ります。

アガーを使う時の注意点は
必ず砂糖とよく混ぜておくことと
沸騰させる事です。

沸騰しないといくら待っても固まりません。

オーブンで焼くプリンよりも
お鍋1つで仕上がるプリンは手軽で
しかも滑らかに仕上がるので
思い立ったらすぐ作れます。

プリンには卵黄のみ使用するので
余ってしまう卵白で作る『フィナンシェ』を必ずセットで!

今回はココアと黒糖のフィナンシェにしました。
しっとりとした仕上がりです。





マンゴーのセパレートティー



夏向きのセパレートティーをご紹介。

マンゴーのピュレとハーブティーで作ります。
ハーブティーは、ローズヒップ・ハイビスカス・ルイボスをベースに
アップル・キウイ・ストロベリーの香りのものです。

マンゴーのピュレは缶詰で作ります。
果肉にシロップも足してフードプロセッサにかけます。
マンゴーは繊維が多いので、必ずこして使わないと口に触って
美味しくないので気を付けます。

グラスにマンゴーのピュレを入れて氷をのせたら
中央の氷に当てるようにゆっくりハーブティーを注ぎます。

サイドから注ぐと混ざってしまい層になりにくいです!

セパレートティーを目で楽しんだら
頂くときはよく混ぜて。
ブラッドオレンジの様な色になります(*''▽'')



卵のサンド



サンドイッチの定番
スクランブルエッグとハム。

スクランブルエッグには、 
生クリームや牛乳をプラスすることが多いですが

今回は
卵3個 + 卵黄1個 の割合で作りました。

クリーミーになるそうです!



フライパンに卵液を流したら
ヘラで全体にゆるく火が通る様に混ぜ
パンの大きさに合わせて形成していきます。
火を通しすぎないようにふんわり仕上げます。


照り焼きサーモンサンド

和風にサーモンを照り焼きに。

サンドイッチにはよくスモークサーモンを使いますが、
今回はサーモンの切り身を照り焼きに!

和風にしてみました。



一緒に挟んだのは

アルファルファ
薄くスライスした紫玉ねぎ
ローストしたスライスアーモンド

紫玉ねぎはスライスして、マリネにしています。

最近、サンドイッチに気に入って使っている、『塩パン』に挟みました。

ローストしたスライスアーモンドの歯ごたえがいいですよ!


抹茶豆乳プリン



寒天で作る、夏向けのプリンを作りました。
生クリームや牛乳の代わりに豆乳を!
滑らかというより、さっぱり感を出すために
ゼラチンではなく寒天に。

仕上げに生クリームを絞り、きな粉をかけました。


オレンジケーキ

オレンジ風味のシロップを
たっぷり仕上げにしみ込ませてつやつやに。

飾り用のオレンジを5㎜の厚さで煮ますが
残った煮汁にコアントロー(オレンジのリキュール)を加えてシロップを作ります。
ケーキが焼きあがったら、熱いうちに上面に刷毛でたっぷりしみ込ませます。


ケーキの生地には、オレンジピールもたっぷり入っているので
オレンジずくめなケーキです♪


豆乳ときび砂糖のシフォンケーキ



久しぶりにシフォンケーキを焼きました。

生クリームとローストしたアーモンドスライス、
サクランボやブルーベリー等と共に  季節のフルーツでいただきます。

愛用しているピンクのキッチンエイド(ミキサー)が
綺麗なきめの細かい『メレンゲ』を作ってくれるので
ふわふわしっとりに出来上がります♬



豆乳やきび砂糖を使用すると
ヘルシー感がありますね!


バゲットでキッシュ



バゲットやバタールを使ってキッシュを作ります。
タルト台を作らないので、手間いらずです。

バゲットは上面を薄く切り取り、中のパンをくりぬきほぐしておきます。

アパレイユと共に
今回はスモークサーモンとほうれん草、パセリを入れました。

ホームパーティのお持たせにも、持ち運びに便利ですし、
写真は2.5㎝幅に切っていますが、
1㎝くらいに薄くスライスしてワインのお供にもよく合います。


生ハムとカマンベールサンド



サンドイッチに便利な
MAILLE社の『ディジョネーズ』というスプレッドを見つけました(*゚▽゚)ノ
酸味と辛味のバランスが良く、クリーミーなマスタードスプレッドです。

店頭で見つけられない場合は
マヨネーズに粒マスタード、レモン汁、ワインビネガー、
少量のお砂糖などを加えてみるといいと思います。

パンに『ディジョネーズ』をぬり
生ハム・ブロッコリースプラウト・紫玉ねぎ・カマンベールチーズを順に
はさみます。

紫玉ねぎはスライスして 『ピクルスの素』に浸しているので甘みが増して美味しくなります!

チョコレートとラズベリーのチーズケーキ



細かく砕いたチョコレート混じりのチーズケーキに

ブルーベリーやラズベリーを入れて。

グラハムクラッカーの台には、ローストしたクルミをしのばせています!




ラズベリーやブルーベリーは冷凍でもOKです。

冷凍ベリーは 解凍せずにそのまま使用します。

滑らかなチーズケーキに、ちょっぴりビターなつぶつぶチョコレート。

ベリーの酸味がよく合います。


«フリッタータのオープンサンド